top of page

デュッセルドルフマラソン2018


 報告が遅くなりましたが、4月29日にデュッセルドルフマラソンに出場してきました。結果は足底筋膜の痛みのため32㎞地点で棄権することとなりました。6週間前に3日間ほどバイクに切り替え、その後コーチからこのままハードなトレーニングが出来ないならデュッセルドルフマラソンはキャンセルする旨を伝えられました。準備が出来ていないなら出る意味がないので、その判断は当然のことです。

 それでも痛みに耐えてトレーニングを続けて、スタートラインに立ったのは痛みがあっても自己ベストでトップ3に入る自信があったからです。それが出来なかったのは自分のやり方が間違っていたからです。痛みは最終的な引き金であって本質的な原因ではありません。スタートラインに立ったことは後悔していません。何故なら自分が間違っていたということを結果が教えてくれているからです。もしスタートラインに立っていなければ、自分が間違っていることに気付かないまま痛みの所為にして終わっていたと思います。どこが間違っていたのかはこれから、コーチとしっかり話し合おうと思います。

今のところ痛みは強いので少し時間がかかると思いますが、遅かれ早かれ再挑戦です。


閲覧数:226回0件のコメント

筆者紹介

​ウェルビーイング株式会社代表取締役

池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

bottom of page