Please reload

『これから結果を出す人のための自信の作り方』試し読み

February 8, 2018

このウェブサイト上で販売しているPDF形式で販売している電子書籍『これから結果を出す人のための自信の作り方』を第一章まで無料公開することにしました。ぜひ試し読みしてみてください!!

 

これ か ら 結 果 を 出 す 人 の た め の 自 信 の 作 り 方 ― 自 分 の 能 力 を 最 大 限 に 引 き 出 す た め に

 

初 め に

 

 

初 め ま し て 、 池上秀 志 と 言 い ま す 。 洛 南 高 校 、 京 都 教 育 大 学 教 育 学 部 社 会 領 域 専 攻 を卒 業 し た 二 年 目 の プ ロ ラ ン ナ ー で す 。 一 週 間 前 の 大 阪 マ ラ ソ ン で 、 2 時 間 1 3 分 4 1 秒の 2 位 で 初 め て マ ラ ソ ン を 走 り き っ た ば か り の 駆 け 出 し で 無

名の 存 在 で す 。 で す の で 、成 功 し た 人 が 書 い た 自 己 啓 発 本 を お 求 め の 方 は こ の 本 を 読 み 続 け る の は 時 間 の 無 駄 だ と思 い ま す 。 私 が こ の 本 を 読 ん で ほ し い 方 は こ れ か ら 成 功 し た い け ど 自 信 が な い 、 前 に 進む 力 が 湧 い て こ な い と い う 方 た ち で す 。 私 に 向 か っ て

「な ん で お 前 は 実 績 も 才 能 も な い

く せ に そ ん な に 自 信 が あ る ん だ」

と 言 い た い 人 た ち に 読 ん で い た だ き た い わ け で す 。

 

成 功 す る 前 に 本 を 書 こ う と 思 っ た 理 由 の 一 つ は 、 成 功 し て か ら こ う す れ ば 自 信 が つ き ます よ と い う 本 を 書 い て も

「で も そ ん な の 成 功 し た か ら 言 え る ん で し ょ」

と い う 反 応 が 多く な っ て し ま い ま す し 、 そ こ ま で 思 わ な く て も や は り 成 功 し た 人 間 と 自 分 の 間 に 一 線 を引 い て し ま い が ち で す 。

 

 

勿 論 、 成 功 し た 人 が 書 い た も の で も 正 し い も の は 正 し い で す し 、 役 に 立 つ も の は 役 に立 ち ま す 。 し か し な が ら 、 今 、 こ の タ イ ミ ン グ で 私 が 書 く こ と で 説 得 力 の あ る も の が 書け る と 思 っ て こ の タ イ ミ ン グ で 書 く こ と に し ま し た 。

 

 

先 ず 大 前 提 と し て 、 私 は マ ラ ソ ン ラ ン ナ ー と し て 成 功 す る 自 信 が あ り ま す 。 マ ラ ソ ン業 界 も 音 楽 業 界 や 芸 能 業 界 と同じ く ら い不確 実 で 先 行 き の 分 か ら な い 世 界 で す 。 2 時 間1 0 分 を 切 れ ば 一 流 と 言 わ れ ま す が 、 2 時 間 1 0 分 切 り の 歴 代 回 数 3 位 の 藤 原 新 さ ん でさ え 、 2 時 間 1 0 分 を 切 っ た の は 5 回 だ け で す 。 し か も マ ラ ソ ン で 結 果 を 出 す 選 手 は だい た い 3 0 歳 前 後 、 忍 耐 が 必 要 と な る ス ポ ー ツ で す 。 そ れ で も 私 は 大 学 を 卒 業 し て す ぐ現 在 の コ ー チ の デ ィ ー タ ー ・ ホ ー ゲ ン 氏 と 一 緒 に プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と し て 競 技 を 続 ける 道 を 選 び ま し た 。 実 業 団 の よ う に 所 属 し て い る だ け で 金 が 稼 げ る 世 界 で は あ り ま せ ん 。

ア ル バ イ ト を し て い た 時 期 も あ り ま し た 。 何 故 そ ん な 道 を 選 ん だ の か と い え ば 、 ど う せ遅 か れ 早 か れ マ ラ ソ ン ラ ン ナ ー と し て 成 功 し て 金 に は 困 ら な く な る と 思 っ た か ら で す 。

 

 

現 段 階 で は 、 ま だ 金 銭 的 に は 苦 し い も の が あ り ま す が そ ん な こ と は 全 く 気 に な り ま せん 。 必 ず 成 功 す る と 思 っ て い ま す 。 周 り か ら「そ ん な に 甘 く な い ぞ」と か「も っ と 現 実を 見 ろ」と た く さ ん 言 わ れ ま す が そ れ も 気 に な り ま せ ん 。 実 績 が な い く せ に 何 故 そ ん なに 自 信 を 持 て る の か と い う こ と が 、 本 書 の テ ー マ で す 。 で は こ れ か ら 細 か く 解 説 し て いき ま し ょ う 。

 

 

2 0 1 7 年 1 2 月 2 日

 

 

 

 

目 次

 

第 一 章

 

そ も そ も 自 信 は な ぜ 必 要 か

 

自 信 が 必 要 な 一 つ 目 の 理 由 ・ ・ ・ 3

 

自 信 が 必 要 な 二 つ 目 の 理 由 ・ ・ ・ 5

 

第 二 章

 

自 信 は ど こ か ら 来 る の か

 

自 信 は ど こ か ら 来 な い の か ・ ・ ・ 8

 

過 去 は な い ・ ・ ・ 1 1

 

未 来 と は 何 か ・ ・ ・ 1 2

 

現 状 の 外 側 に 目 標 を 設 定 す る ・ ・ ・ 1 5

 

目 標 の 達 成 が 現 実 的 に 感 じ ら れ る に は ど う す れ ば い い か ・ ・ ・ 1 7

 

思 い 込 み を 作 る ・ ・ ・ 2 1

 

第三章

 

達 成 し た い も の を 目 標 に す る ・ ・ ・ 2 7

 

幸 せ に な る 方 法 ― 自 己 価 値 を 高 め る に は ? ・ ・ ・ 3 1

 

自 己有用 感 を 高 め る ・ ・ ・ 3 1

 

第 四 章

 

現 状 の 外 側 に 設 定 し た 目 標 を 当 り 前 の レ ベ ル に す る ・ ・ ・ 3 6

 

ホ メ オ ス タ シ ス 機 能 ( 恒 常 性 維 持 機 能

) ・ ・ ・ 3 6

 

精 神 世 界 の ホ メ オ ス タ シ ス 機 能 ・ ・ ・ 4 1

 

自 我 と コ ン フ ォ ー ト ゾ ー ン ・ ・ ・ 4 3

 

肉 体 の コ ン フ ォ ー ト ゾ ー ン を ず ら す ・ ・ ・ 4 6

 

第 五 章

 

自 分 自 身 に 対 し て 誠 実 で あ る ・ ・ ・ 4 8

 

価 値 の 階 層 を 自 覚 す る ・ ・ ・ 4 9

 

レ ー ス に 勝 っ て も嬉し く な い 理 由 ・ ・ ・ 5 3

 

私 が 唯 一 ガ ッ ツ ポ ー ズ を し た と き ・ ・ ・ 5 5

 

中 山 竹 通 さ ん と 自 分 自 身 に 対 す る 誠 実 性 ・ ・ ・ 5 6

 

私 に と っ て の 自 分 自 身 に 対 す る 誠 実 性 ・ ・ ・ 5 7

 

第 六 章

 

結 果 を 出 す た め の 冷 静 な 思 考 の 作 り 方 ・ ・ ・ 5 9

 

ケ ニ ア 人 は ハ ン グ リ ー 精 神 が あ る か ら 強 い の 間 違 い ・ ・ ・ 6 1

 

第 七 章

 

原 始 的 な 思 考 回 路 の 奴 隷 に な っ て い な い か を 見 極 め る 方 法 ・ ・ ・ 6 4

 

第 八 章

 

自 由 意 志 と 自 己 責 任 ・ ・ ・ 6 7

 

終 章  こ れ か ら 結 果 を 出 す 人 の た め の 自 信 の 作 り 方 ・ ・ ・ 7 1

 

 

  

第 一 章

 

そ も そ も 自 信 は な ぜ 必 要 か

 

 

自 信 が 必 要 な 一 つ 目 の 理 由

 

 

自 信 の あ る 人 が 成 功 す る の か 、 成 功 し た 人 は 自 信 を 持 っ て い る の か 、 ど ち ら が 先 な の

か と い う の は 人 に よ っ て 意 見 が 異 な る か も し れ ま せ ん 。 そ れ は 成 功 と い う も の を ど の よ

う に 定 義 す る か に よ っ て も 決 ま る で し ょ う 。 国 会 議 員 に な っ て 権 力 を 握 る の が 成 功 で あ

る な ら 世 襲 議 員 は 親 の コ ネ で 社 会 的 地 位 を 手 に 入 れ た 後 で 自 信 を 得 る の か も し れ ま せ ん 。

 

 

し か し な が ら 、 た い て い の 場 合 は 自 信 が あ る 人 が 成 功 す る の で す 。 理 由 は 成 功 と い うも の を ど の よ う に 定 義 し よ う が 自 分 の 能 力 を 最 大 限 に 引 き 出 す に は 自 信 が 必 要 だ か ら です 。 

人 は 無 意 識 の う ち に 自 分 自 身 を 規 定 し て い ま す 。 或 い は 無 意 識 に よ っ て 規 定 さ れ て いる と 言 っ て も 構 い ま せ ん 。 ス ト レ ー ト の 四 球 を 出 し て し ま う ピ ッ チ ャ ー は カ ウ ン ト 3 ―0 に な る と 途 端 に コ ン ト ロ ー ル が 悪 く な り ま す 。 自 転 車 に 乗 り た て の 頃 は 、 小 石 が 目 に付 く と 小 石 に 視 線 が 吸 い 寄 せ ら れ 、 小 石 を よ け よ う と す れ ば す る ほ ど 小 石 を 踏 ん で 転 んで し ま い ま す 。 こ れ は 大 人 に な っ て も変わ り ま せ ん 。 自 動 車 保 険 の 会 社 の 統 計 で は 一 万人 に 一 人 の 何 度 も 自 動 車 事 故 を 起 こ す 人 の 為 に 保 険 は あ る ので す 。 要 す る に 、

「 自 分 は 事故 を 起 こ し や す い か ら 気 を つ け な く ち ゃ」

と 思 え ば 思 う ほ ど 事 故 を 起 こ し て し ま う の です 。 ゴ ル フ で も同じ で し ょ う 。

「 自 分 は 毎 回 あ の 池 に 入 れ て し ま う か ら 、 今 回 は あ の 池 に

入 れ な い よ う に し よ う 。 そ う あ の 池 を よ け る ん だ

と 思 え ば 思 う ほ ど 、 意 識 は 池 に 向 かい 池 ポ チ ャ す る 羽 目 に な る 訳 で す 。

 

 

無 意 識 の 力 は そ れ が 良 い こ と で あ れ 、 悪 い こ と で あ れ 、 そ れ の 実 現 の た め に 働 き ま す 。

自 信 の な い 人 は 、 も し 自 分 の 自 己 イ メ ー ジ に 反 し て上手 く 行 っ て い る と き は 自 分 で そ れを 台 無 し に し て し ま う よ う な 行 動 を と っ て し ま い ま す 。 い く ら 自 分 で

「今 度 は上手 く いく 。 今 ま で の 自 分 は 違 う ん だ」

と 思 っ て い て も 、 心 の 底 か ら 自 分 は 現 在 の 好 結 果 に 値 する 人 間 だ と 思 っ て い な け れ ば 無 意 識 は「何 か が お か し い 。 こ ん な は ず じ ゃ な い 、 俺 は こん な 好 結 果 を 出 す 人 間 じ ゃ な い ん だ 。 何 と か し て い つ も の 自 分 に 戻 ら な く ち ゃ」 と 思 い 、そ の 通 り の 行 動 を 引 き 起 こ し ま す 。

 

 

例 え ば 、 普 段 6 0 点 し か と ら な く て 、 自 分 で も そ れ が 当 た り 前 だ と 思 っ て い る 学 生 が9 0 点 取 っ た り す る と 、 あ わ て て 次 の テ ス ト で は 3 0 点 を 取 る よ う に 無 意 識 の 力 が 働 きま す 。 信 じ ら れ な い か も し れ ま せ ん が 、 自 分 に 自 信 の な い 人 間 と い う の は こ の よ う に ふる ま っ て し ま う の で す 。 何 か を う ま く 成 し 遂 げ る こ と が 出 来 た 時 に 、 た ま た ま だ と 思 うか 、 こ れ が 自 分 の 実 力 だ と 思 う か で 今 後 の 結 果 が 大 き く変わ っ て く る で し ょ う 。

 

 

あ な た は有意 識 と 無 意 識 の 割 合 は 何 対 何 だ と お 考 え で す か ? 実 は 9 7 % く ら い は 無 意識 で す 。 無 意 識 の う ち に 行 為 し て い る と 書 く と 、 夢 遊 病 者 み た い で す が そ う い う こ と を言 っ て い る わ け で は あ り ま せ ん 。

「 コ ー ヒ ー に し ま す か 、 紅 茶 に し ま す か」 と 聞 か れ て も 、い ち い ち 五 分 も 十 分 も 考 え て 返 答 し ま せ ん よ ね ? そ の 時 の と っ さ の「コ ー ヒ ー で お 願 いし ま す」と い う の も 無 意 識 な の で す 。 つ ま り 酒 に 酔 っ て 知 ら な い 間 に

上司 に 電 話 し て いま し た と か そ う い う こ と を 言 っ て い る わ け で は な く て 、 自 分 で 意 識 的 に 選 択 し て い る よう で も そ れ は あ な た の 無 意 識 が 決 め て い る こ と だ と い う こ と で す 。 も し か す る と「コ ーヒ ー に し ま す か 、 紅 茶 に し ま す か」と い う 質 問 に 五 分 、 十 分 か け て 答 え た と し て も 、 結局 無 意 識 に よ っ て 決 ま る の か も し れ ま せ ん 。 自 分 は コ ー ヒ ー 党 だ と 信 じ て い る 人 は た とえ 十 分 か け て 考 え て も コ ー ヒ ー を 選 ぶ よ う な 理 由 し か 見 え な く な る で し ょ う 。 と は 言 え 、そ の 無 意 識 を 形 成 す る の は 結 局 あ な た 自 身 で す 。

 

 

自 信 が あ る と い う の は プ ラ ス ア ル フ ァ の 力 く ら い に 考 え て い る 人 が 多 い か も し れ ま せん が 、 プ ラ ス ア ル フ ァ ど こ ろ の 話 で は あ り ま せ ん 。 何 故 な ら 、 自 信 が な い 人 と い う の はわ ざ わ ざ 結 果 が 出 な い よ う に 、 自 分 が 望 む 未 来 か ら 遠 ざ か る よ う に 行 動 し て し ま う か らで す 。 逆 に 自 信 が あ る 人 と い う の は 、 自 分 で 自 分 自 身 を 成 功 す る に 値 す る 人 間 だ と 規 定し て い る の で 一 時 的 な 失 敗 が あ っ た と し て も そ れ を 改 善 す る 方 法 を ど こ か か ら 見 つ け てく る も の で す 。 自 信 が あ る 人 に「ど う や っ て 成 功 さ せ る つ も り で す か」と 聞 い て も「さあ」と 答 え る か も し れ ま せ ん 。 し か し 自 信 が あ る 人 間 と い う の は ど こ か か ら 答 え を 見 つけ て く る も の で す 。 何 故 な ら 、 無 意 識 の 世 界 で は そ の 人 は 成 功 し て い る の が 当 た り 前 で成 功 し て い な い 現 状 を変え る た め に 何 と か し な け れ ば な ら な い か ら で す 。

 

 

あ な た は 自 分 が 見 て い る も の は 他 人 も 見 て い る 、 若 し く は 逆 に 他 人 に 見 え て い る も のが 自 分 に も 見 え て い る と 考 え て い る か も し れ ま せ ん 。 し か し そ れ は 間 違 い で す 。 脳 に 刺激 を 与 え る 数 十 億 の 情 報 の 中 の ほ ん の 一 部 し か 我 々 の 脳 は 処 理 し て い ま せ ん 。 ど の 情 報を 処 理 す る か は あ な た の 無 意 識 が 決 め る こ と で す 。 元 阪 神 タ イ ガ ー ス の 片 岡 篤 さ ん は あの 甲 子 園 の 大 歓 声 の 中 で も 、 バ ッ タ ー ボ ッ ク ス に 入 っ て ピ ッ チ ャ ー の モ ー シ ョ ン に 集 中す る と 何 も 聞 こ え な く な る と お っ し ゃ っ て い ま し た 。 自 分 に と っ て 必 要 の な い 情 報 は 遮断 し て い る の で す 。 逆 に 学 生 を 見 て い る と 大 半 の 人 達 は 勉 強 時 間 は 長 い の で す が 、 余 計な 情 報 を 遮 断 す る こ と が 出 来 て い ま せ ん 。 私 は 音 楽 を 聴 き な が ら 勉 強 す る こ と も あ り ます が 、 音 楽 は か け て い る だ け で 集 中 し て い る と き に は 聞 こ え ま せ ん 。 こ れ は 私 が 集 中 力の あ る 人 間 だ か ら で は あ り ま せ ん 。 日 常 生 活 で 皆 さ ん 普 通 に や っ て い る こ と で す 。 電 車の 中 や 人 ご み の 中 で 向 か い 合 っ て い る 二 人 の 友 人 は 通 常 1 メ ー ト ル程度 の 距 離 が あ り ます 。 し か し 真 後 ろ に い る 見 知 ら ぬ 別 の グ ル ー プ と は 2 0 ㎝ く ら い の 距 離 し か な い と い う

の は よ く あ る こ と で す 。 こ の 場 合 音 は 距 離 の 二 乗 に 反 比 例 し て 大 き く な る の で 、 真 後 ろの 見 知 ら ぬ グ ル ー プ の 会 話 は 2 5倍大 き く 聞 こ え て い る は ず で す が 、 あ な た の 耳 に は 友人 の 声 し か 聞 こ え な い で し ょ う 。 更 に 言 え ば 、 見 知 ら ぬ 人 と の 距 離 が 2 0 ㎝ と い う の は普 通 で あ れ ば 、不快 や 危 険 を 感 じ る 距 離 な の で す が 、 脳 は こ れ も 見 え な く し て い ま す 。

人 間 の 脳 は こ の よ う に 情 報 を 取 捨 選 択 す る の で す 。

 

 

人 生 の あ ら ゆ る 場 面 で 脳 は同じ よ う に 働 き ま す 。 つ ま り 、 情 報 を 取 捨 選 択 し な が ら 物事 を 認 識 し て い る の で す 。 脳 は か な り 多 く の 仕 事 を同時 に こ な す こ と が 出 来 ま す 。 そ れが 故 に 、 全 て の 情 報 を同時 に 処 理 す る と 餓 死 し て し ま う ほ ど な の で す 。 元 西 武 ラ イ オ ンズ の 監 督 の 広 岡 達 朗 さ ん が 日 本 シ リ ー ズ の 十 日 間 だ け で 体 重 が 1 0 ㎏ 減 っ た こ と が あ るそ う で す が 、 本 気 と 言 わ な い ま で も 脳 が 普 段 よ り 力 を 発 揮 す る と こ の く ら い 消 耗 す る ので す 。 だ か ら こ そ 脳 は 情 報 を 取 捨 選 択 し て い る の で す 。 脳 は あ な た の 無 意 識 に 一 致 す るよ う に し か 働 き ま せ ん 。 一 度「財 布 が な い」と 思 い こ む と 目 の 前 に あ っ て も 財 布 が 見 えな く な る も の で す 。 何 故 な ら 、 無 意 識 に と っ て は 財 布 は そ こ に あ っ て は な ら な い の で すか ら 。

 

私 が 中 学 生 の 時 、 仲 の 良 い 友 達同士 で 互 い の 弁 当 を 隠 し あ う と い う お ふ ざ け を や っ てい ま し た 。 あ る 日 、 私 は カ バ ン の 中 に ま た も や 弁 当 が な い こ と に 気 付 き「お 前 と っ た やろ」と 言 っ て い つ も の よ う に ふ ざ け 始 め た の で す が 、 ど う や ら そ の 日 は 本 当 に そ の 友 達は 弁 当 を と っ て い な い よ う で し た 。 と こ ろ が 、 2 回 3 回 と カ バ ン の 中 を 探 し て も 弁 当 は見 つ か ら な い の で す 。 と う と う そ の 友 人 が「お 前 絶 対 俺 に 罪 を な す り つ け て る や ろ」と言 っ て カ バ ン の 中 に 手 を 入 れ る と 弁 当 は あ っ さ り 見 つ か り ま し た 。 で も 私 は 本 当 に 弁 当が 見 つ か ら な か っ た の で す 。 私 の 無 意 識 は 弁 当 が な い と 思 い 込 ん で い ま す 。 こ の 状 況 で私が 恥 を か く の は ど の よ う な 状 況 で し ょ う か ? そ う 、 弁 当 が そ こ に あ る こ と で す 。 弁 当は そ こ に あ っ て は な ら な い の で す 。 こ の よ う に 脳 は 無 意 識 に 反 す る 情 報 は 遮 断 し て し まい ま す 。

 

 

同様 に 自 信 の あ る 人 は そ の 自 信 に ふ さ わ し い 好 結 果 が 出 せ る よ う に 世 界 を 構 成 し 、 自信 が な い 人 は 自 分 が 失 敗 す る よ う な 要 因 に ば か り 目 を 向 け て し ま う こ と に な り ま す 。 自分 は 駄 目 な 人 間 だ と 思 っ て い る 人 間 に と っ て は 、 実 は 成 功 す る こ と ほ ど 恐 ろ し い こ と はあ り ま せ ん 。 自 分 の 現 状 を変え 、 自 分 が 今 ま で 安 心 し て 暮 ら し て い た 世 界 か ら 抜 け 出 して し ま う こ と に な る か ら で す 。 自 分 に 自 信 が な い 人 の 無 意 識 は 全 力 を 尽 く し て あ な た が成 功 し な い よ う に 仕 向 け る で し ょ う 。 自 信 と い う の は こ の よ う に 自 分 の プ ラ ス ア ル フ ァを 発 揮 す る と い う の に と ど ま り ま せ ん 。 何 故 な ら 、 自 信 が な け れ ば 、 自 分 の 力 を 出 す どこ ろ か マ イ ナ ス の 力 し か 発 揮 で き な い わ け で す か ら 。

 

 

 

自 信 が 必 要 な 二 つ 目 の 理 由

 

次 に 自 信 が あ る 人 間 の 二 つ 目 の 利 点 で す が 、 こ れ は ど ん な 時 で も 落 ち 着 い て 自 分 の 力を 出 せ る よ う に な っ た り 、 的 確 に 判 断 出 来 る よ う に な っ た り 、 自 分 の 意 見 を 冷 静 に 言 える よ う に な る こ と で す 。 私個人 と し て は こ の 二 つ 目 の 利 点 を よ り 多 く 得 て い る と 思 っ て

い ま す 。 逆 説 的 に 言 え ば 、 無 意 識 の 力 が 自 分 を 高 み へ と 導 い て く れ る と い っ た と こ ろ で初 め は 実 感 で き な い か も し れ ま せ ん 。 何 故 な ら 、 無 意 識 と 言 っ て も 自 分 で は 自 分 の 意 志で 判 断 を下し た と 思 っ て い る か ら で す 。

 

 

自 信 が あ る と 本 当 に 誰 が 相 手 で も 、 相 手 が オ リ ン ピ ッ ク の 金 メ ダ リ ス ト で も 落 ち 着 いて 自 分 の 走 り に 集 中 す る こ と が 出 来 ま す 。 こ れ は 商 談 や 面 接 で も同じ で す 。 落 ち 着 い て自 分 の 考 え を 相 手 に 明 確 に 伝 え る こ と が 出 来 る よ う に な り ま す 。 相 手 が ど ん な に 立 派 な人 で も 自 分 に 自 信 が あ れ ば 気 後 れ す る こ と な く 普 段 通 り に 振 舞 う こ と が 出 来 る と い う こと は 、 人 間 関 係 を 築 く上で も と て も 大 切 な こ と で す 。 今 ま で 自 分 の こ と を 価 値 の な い 人間 だ と 思 い 続 け て き た 人 は 、 自 分 が 話 し た い と 思 っ た 相 手 か ら

「駄 目 だ 、 自 分 に は あ んな 立 派 な 人 と は 話 せ な い」

と 思 わ れ た ら ど う 感 じ る か 考 え て み て く だ さ い 。 社 会 的 地 位

の あ る 人 や お 金 持 ち を 前 に す る と 気 後 れ し て し ま っ て 話 せ な い と い う 人 は 謙 虚 で あ る どこ ろ か 、 失 礼 な こ と で も あ り ま す 。

 

こ こ ま で 話 し て な ん と な く わ か っ て い た だ け た か と 思 い ま す が 、 自 信 と い う の は 相 手に 対 す る 優 越 感 で は あ り ま せ ん 。 詳 し く は 後 述 し ま す が 、 簡 単 に 言 う と

「俺 は 凄 い ん だぜ」

と い う 感 覚 で す 。 但 し 、「 他 人 よ り 凄 い ん だ ぜ」で は あ り ま せ ん 。 他 人 は 関 係 あ り ませ ん 。

「 自 分 に は こ れ が 出 来 る」或 い は「自 分 は こ ん な す ご い 人 間 な ん だ」と い う 強 い 感覚 と 思 っ て い た だ い て も 構 い ま せ ん 。

 

 

で は 何 故 、 自 信 が あ る と 落 ち 着 い て 自 分 の 力 を 出 せ る か と い う こ と で す が こ れ は 脳 波と 関 係 が あ り ま す 。 脳 に は 1 ヘ ル ツ か ら 6 4 ヘ ル ツ ま で の 波 長 が あ り ま す 。 寝 て い る とき は 1 ヘ ル ツ か ら 3 ヘ ル ツ で ま ど ろ ん で い る と き は 3 ヘ ル ツ か ら 8 ヘ ル ツ な ど 意 識 の 状態 と 脳 波 に は 関 連 が あ り ま す 。 脳 波 と 意 識 の 関 連 性 は 以下の よ う に な っ て い ま す 。

 

 

デ ル タ 波  1 か ら 3 ヘ ル ツ眠り

 

シ ー タ 波  3 か ら 8 ヘ ル ツ  ま ど ろ み

 

ア ル フ ァ 波8 か ら 1 4 ヘ ル ツ  落 ち 着 き

 

ベ ー タ 波  1 4 か ら 3 0 ヘ ル ツ 興奮 、 雑 念

 

ガ ン マ 波  3 0 か ら 6 4 ヘ ル ツ覚 醒

 

 

 

意 識 状 態 と 脳 波 の 間 に は 密 接 な 関 連 性 が あ る と 先 述 し ま し た が 、 こ れ は 脳 波 を コ ン トロ ー ル 出 来 れ ば 意 識 状 態 を 規 定 で き る と い う こ と で も あ り ま す 。 つ ま り ア ル フ ァ 波 が 出て い る と き の 脳 の 状 態 の 感 覚 を 覚 え て お け ば 、 常 に 落 ち 着 い て 集 中 し て い る 状 態 を 作 り出 せ る と い う こ と で も あ り ま す 。 こ の ア ル フ ァ 波 が 自 分 の 能 力 を 最 大 限 に 発 揮 で き る とき の 脳 の 状 態 な の で す が 、 こ れ は あ る程度 リ ラ ッ ク ス し て 時 間 も 忘 れ て 何 か に 没 頭 し てい る と き の 感 覚 で す 。 子 供 の 頃 は 3 時 間 で も 4 時 間 で も ま ま ご と や 工 作 に 没 頭 で き た もの で す が 、 大 人 に な る と 仕 事 中 も 常 に 時 間 を 気 に し て 早 く 終 業 時 間 が 来 な い か な と 思 うよ う に な る と い う 人 が 多 い か も し れ ま せ ん 。 も っ と も 日 本 人 は 仕 事 は 早 く 終 わ っ て ほ しい け ど 、 一 番 に 帰 る の も 嫌 だ と い う 人 が 多 い よ う な 気 が し ま す が 。

 

 

本 題 に 戻 り ま す 。 何 故 自 信 が あ る と 、 こ の ア ル フ ァ 波 に 入 れ る か と い う こ と で す が 、自 信 の あ る 人 は 大 一 番 を 迎 え て も そ れ が 自 分 に と っ て 当 た り 前 の 世 界 = コ ン フ ォ ー ト ゾー ン に あ る か ら で す 。 大 事 な 試 合 や 商 談 を 前 に す れ ば 脚 が 震 え る よ う な 緊 張 感 が 襲 う こと も あ り ま す 。 で も そ れ も 含 め て 自 分 に と っ て は 当 た り 前 で 快 適 に 感 じ ら れ る 状 態 で す 。

こ れ が 自 信 の あ る 状 態 で す 。 オ リ ン ピ ッ ク 選 手 で あ ろ う と 日 本 記 録 保 持 者 で あ ろ う と 自分 は 引 け を 取 ら な い 、 自 分 は こ う い っ た 選 手 達 と 競 い 合 う に ふ さ わ し い 人 間 だ と 思 っ てい れ ば 、 そ う 言 っ た 選 手 達 と 競 り 合 う の は 自 分 に と っ て 当 た り 前 の こ と で す か ら 、 落 ち着 い て い ら れ る わ け で す 。 わ ざ わ ざ 自 分 に 向 か っ て「落 ち 着 け」と い う ほ う が お か し な話 で す 。 ご 飯 を 食 べ よ う と し て い る 人 が「落 ち 着 け 。 お 前 な ら 出 来 る 。 お 前 な ら こ の ご飯 粒 を 掴 む こ と が 出 来 る」と 自 分 に 言 い 聞 か せ て い た ら 笑 う で し ょ う 。

 

 

 

も う 一 つ 別 の 例 を 出 し ま し ょ う 。 あ な た は 路 側 帯 の 白 線 の上を 歩 く こ と が 出 来 る で しょ う か ? 1 0 0 m で も 1 ㎞ で も 歩 い て み せ る と お っ し ゃ る こ と で し ょ う 。 し か し 、同じ幅 の 道 を 地上5 0 0 m で 、 命 綱 な し で 歩 い て く れ と 言 わ れ た ら ど う で し ょ う か ? 一 億 円出 さ れ て も 俺 に は で き な い と い う か も し れ ま せ ん 。 や っ て い る こ と は同じ な の で す が 、地上5 0 0 m と い う 高 さ の 所 為 ( せ い)で あ な た は あ な た が 今 ま で 安 住 し て き た 当 り 前の 世 界 = コ ン フ ォ ー ト ゾ ー ン か ら は じ き 出 さ れ て し ま っ た の で す 。

 

 

走 る こ と に 関 し て も 、 走 る こ と そ の も の は 単 純 な 動 き で す 。 単 純 な 動 き の 中 に 効 率 性を 最 大 限 に 求 め る ス ポ ー ツ で あ る の は 間 違 い な い の で す が 、 一 つ の マ ラ ソ ン に 向 け て 何か 月 も 準 備 し て き て ス タ ー ト ラ イ ン に 立 っ た 私 に 何 が 出 来 る で し ょ う か ? 何 も あ り ま せん 。 普 段 通 り に 走 れ ば よ い の で す 。 走 る こ と な ど 箸 を 使 っ て ご 飯 を 食 べ る よ う な も の です 。 時 間 だ け で 言 え ば 、 普 段 箸 を 使 っ て い る 時 間 よ り も 走 っ て い る 時 間 の 方 が 長 い で しょ う 。

 

 

し か し 、 ビ ッ グ ネ ー ム を 目 の 前 に し て 自 信 を 失 っ た 人 間 に と っ て は 、 一 億 円 を か け て豆 を 隣 の 皿 に 移 す 人 間 と同じ 状 態 で す 。 或 い は 路 側 帯 と同じ 幅 の 道 を 地上5 0 0 m の 高さ で 歩 い て く れ と 言 わ れ た 人 間 と同じ で す 。 脳 波 は 瞬 時 に ベ ー タ 波 の 雑 念 状 態 に 陥 り 、考 え な く て も い い こ と を 考 え て し ま い ま す 。

 

 

昔 私 の コ ー チ が イ ギ リ ス の 選 手 を 指 導 し て い た 時 の 話 で す 。 コ ー チ は そ の 選 手 に レ ース 直 前 に な っ て 新 し い こ と を 試 さ な い よ う に 言 っ て い ま し た が 、 二 週 間 前 に な っ て イ ギリ ス 陸 連 の 人 が そ の 選 手 に 給 水 に グ リ セ ロ ー ル を 加 え る よ う に ア ド バ イ ス し ま し た 。 その 結 果 、 そ の 選 手 は レ ー ス 中 に 腹 部 に 問 題 を 抱 え 、 ト イ レ で 2 分 の ロ ス を 計上す る こ とに な り ま し た 。 時 間 だ け で 2 分 、 リ ズ ム を 失 っ た こ と を 考 慮 に 入 れ れ ば も っ と 大 き な損失 だ っ た で し ょ う 。 そ の 選 手 が ゴ ー ル し た 時 、 先 頭 と は 1 分 差 で 4 位 で し た 。 そ の 選 手は レ ー ス が 終 わ っ て 自 分 に「ど う し て あ ん な 馬 鹿 な こ と を し た の だ ろ う ?」と 言 っ た かも し れ ま せ ん が 、 え て し て 脳 波 が ベ ー タ 波 の 雑 念 状 態 に あ る と き は 自 分 で も 馬 鹿 げ て いる と 思 え る 判 断 を下し て し ま う も の で す 。

 

 

も う 一 度 結 論 を 確 認 し て お き ま す が 、 自 信 の な い 人 間 は 自 分 の 実 力 を 発 揮 し た い こ こ一 番 が 自 分 の 当 り 前 の 外 側 に あ り ま す 。 自 分 の 当 り 前 の 外 側 に 出 た 人 間 は 雑 念 状 態 に 陥り 冷 静 に 落 ち 着 い て 振 舞 う こ と が 出 来 な く な る の で す 。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload