誰も言わない長距離走・マラソントレーニング理論に関する真理をお伝えします!

 

 あなたはトレーニングにおいて、実践が先なのか、理論が先なのか、はたまた少し質問を変えて、実践の方が大切なのか、それとも理論の方が先なのか、と考えた時にどちらが大切だと答えるでしょうか?あなたはどう考えますか?

 

 私はといえば、理論が大切だと答えます。もちろん、実践が大切であることは否定しません。むしろ体で覚えなければいけないことはたくさんあります。距離が長くなればなるほど、体で覚えていく要素が多くなっていくように私自身は感じます。私自身、大学生の時に月間1200kmとか4ヶ月で4000kmという練習量をこなしたり、一人で20kmのタイムトライアルをやったり、トラックシーズンに40km走を入れたり、周りから頭がおかしいのではないかと言われたことも一度や二度ではありません。

 

 だからこそ体で覚えていくことの重要性は重々承知しております。プロになってからも、反吐がでるほどの基礎体力作りを通じて、今までできなかった練習ができるようになっていきました。今までは雲の上の存在でしかなかった一流選手の練習がどんどん現実的に感じられるようになってきています。

 

 ですが、反吐がでるほどの練習をしたからこそ言わせてください。理論が間違っていれば、その後どれだけ頑張って練習しても間違った方向に進んでしまいます。中には正しいとか間違っているなんてないという人もいますが、私に言わせればとんでもない暴論です。そんなことを言えば、何も考えなくてもただ漠然と走っていれば速くなるということになりますが、実際にはごく一部の天才を除いて、何も考えなくても速くなれるほど簡単なスポーツではありません。

 

 本書では、適切な練習計画を立てるためのトレーニング理論について解説しています。

 

あなたが『純粋トレーニング理論』を読むメリットは以下の通りです。

 

・最適な練習計画を立てるためのトレーニング理論が理解できる

・理論に関しては絶対的に正しいトレーニングの最適解を理解することができるので、迷わずに前に進んでいくことができる

・自分で試行錯誤をしながら自分にあった練習計画を立てることができるようになる

・自分のランナーとしての目標を最短で達成することができる

・サブ3、サブ2.5、5000m15分台などのエリート市民ランナーの仲間入りができる

 

 『純粋トレーニング批判』は先着30名様限定でたった980円にてお買い求めいただけるようにします。

 

 導入の部分をブログで無料公開していますので、下記のURLよりご覧ください。

https://www.ikegamihideyuki.com/post/derkritikdesreinentraining

純粋トレーニング批判

¥2,980価格

    © 2020 by ウェルビーイング株式会社