top of page

ハイテクハーフマラソン


 写真提供:河原井司さん

 1月14日にハイテクハーフマラソンに出場してきました。出場理由は単に賞金が欲しかったから。大阪マラソンの後は、3週間の休養を取って、そこから4週間の基礎トレーニングをやっただけでの今回のレース。コーチホーゲンからは、レースに出るには早すぎるけど、出たいなら出ても良いよということで出たレースでした。

 個人的にはサイラス・ジュイ選手と走るのを楽しみにしていましたが、調子が良くなかったようで、競り合う場面がなく、面白くなかったので残念です。

 レースプランは、折り返し点までは集団の後ろについて、後半は10kの自己ベスト(29分44秒)を更新する29分40秒で上がるというプランでした。前半のペースが遅かったのでゴールタイムはかなり遅くなりましたが(64分39秒)、手元の時計で最後の10,0975㎞を29分51秒でカバー、97,5mを16秒で走ったと仮定して、ラスト10kは29分35秒、予定通りの自己ベスト更新です。これを自己ベストというかどうかは分かりませんが。

 後半一人旅になってからも(寧ろなってからの方が)、安定してペースをコントロールすることが出来、10kでも自己ベストを更新して、次につながるレースになりました。レース後半はしっかりと集中状態に入ることが出来、精神的には落ち着きながらも、体は競り合う相手がいなくてもしっかりと興奮状態を維持している状態を維持できました。次のレースは2月11日の京都府市町村対抗駅伝です。短い距離のレースで速くリラックスして走れるようにして、マラソンに繋げられればと思っています。


閲覧数:360回0件のコメント

筆者紹介

​ウェルビーイング株式会社代表取締役

池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

bottom of page