マッサージクリーム


今回はお勧めのマッサージクリームについて書いてみたいと思います。私がいつも使っているのは一番左のエスリークという商品と真ん中のMSMというクリームです。MSMはメチルズルフォニルメタンの略で過去の記事で詳しく書いていますが、硫黄の一種です。硫黄の温泉は日本では有名ですが、筋肉に直接塗ることでも鎮痛作用や筋肉の弛緩効果があります。MSMは関節炎でも用いられますが、グルコサミンとまぜることで相乗効果が期待できます。私が使っているマッサージクリームにはグルコサミンも含まれているので、関節に軽く塗るだけでも効果があると思います。

 それ以外にはアルニカという植物の抽出液も含まれています。アルニカは欧米では知る人ぞ知る鎮痛作用のある植物で、副作用のない抗炎症薬として飲み薬でも売られていることがあります。ハードな練習の後の微細な炎症を抑えてくれているので私はアルニカの入っているクリームを選びました。

 このマッサージクリームは低価格で買えるというのも選んでいる理由の一つです。クリオのマッサージローションやシトリックアミノというマッサージローションも使ったことがあり、効果もあるのですが、200mlで4000円ほどするので少し高いかなという感じです。私が使っているMSMクリームはiHerbというサイトで200mlを1200円ほどで買えます。

 写真左のエスリークは私がある宿泊施設で住み込みのアルバイトをしていた時に、お客さんからいただいたものです。基本的に私はサプリメントやマッサージローションを買う時は自分で調べて納得してから買うタイプなのですが、エスリークはそのお客さんからせっかくいただいたものなので試しに使ってみることにしました。それ以来お気に入りでずっと使っています。エスリークはべたつかずサラッと塗れるので走る前に軽く塗ったり、MSMクリームでマッサージをする前に軽く塗ったりして使っています。

 エスリークの主要成分の中で特に挙げておきたいのは消炎作用と鎮痛作用があるグリチルリチン酸2K、センキュウエキス、桂皮エキスです。他にも保湿効果や肌荒れ防止、ニキビ改善のある成分が含まれており、美容効果を期待して使っている人もいるようです。また、特殊な方法でダイヤモンド、エメラルド、サファイアの波動も取り込んでいるようです。ちょっと聞くとパワースポットの類か何かだと思う人もいると思いますが、細胞の中のミトコンドリアにおける電子の移動が滞りなく行われれば病気も慢性的な痛みも改善します。電子の移動がスムーズに行われ、酸化と還元がスムーズに行われるときに活性酸素は発生せず、正常な細胞死であるアポトーシスが引き起こされます。人間の体も細かく見ていけば化学反応であり、分子や原子の結合と分離です。そして分子や原子の結合と分離は粒子によって規定されているはずです。そして粒子とはすなわち波なのです。光は光子の波ですし、素粒子の位置と運動を同図に確定することは出来ないという結論を導き出した実験でも素粒子は波状に存在することが予想されましたし、ビックバンも波動方程式で説明できます。人間の体も波動を整えれば、快方に向かうと私は考えています。

 エスリークに含まれる宝石の波動に正常な細胞のプログラム死を引き起こす効果があるのかどうかはわかりませんが、そういった商品があるのも事実でSEVsportsという東京ドームの近くにあるお店で売られているセブパッチもそのうちの一つです。通信販売もしている会社なので興味のある方はインターネットでセブスポーツを調べてみてください。また一部のスポーツ店にも出品しているようです。

 因みにエスリークは詰め替え用ボトルが500mlで7000円ほどなので、こちらもクリオやシトリックアミノに比べて安価で買えます。

質問や感想、各種お問い合わせは下記のリンクをクリックしてください。

https://www.ikegamihideyuki.com/question

メルマガで最新の情報やお得な情報をお届けしています。メルマガ登録は下記のリンクをクリックしてください。

https://www.ikegamihideyuki.com/question