top of page

もしも池上秀志が高校駅伝の監督になったら

更新日:2021年10月16日

 最近は、色々な方から「そのうち高校とか大学の指導者の話が来るよね?そうなったらどうするの?」というお声を頂くようになりました。業界事情をお話ししておきますと、スポーツの世界と言えども、駅伝の世界もコネや学閥が重要なので、私のようにずっと一匹オオカミ(一匹ライオンと一匹ティラノザウルス)に近い形で生きて生きた人間にはそのようなお声はかからないと思います。教員免許も更新しなければあと5年で有効期限が切れてしまいます。


 それでも恩師とのつながりは大切にしているつもりで、お世話になった方には色々な機会に報告するようにしています。そんな話はどうでも良いのですが、有りえないからこそ、ファンタジーとして私ならどうやってチームを強くするのか書いてみるのも良いかなと思い、筆をとった次第であります。


最優先課題は?

 ひとことで、高校駅伝や大学駅伝と言っても様々なチームがあります。私の地元にも亀岡高校と南丹高校という二つの高校がありますが、まあ弱いです。こういった学校と私の母校洛南高校では全く指導の仕方は変わります。洛南高校くらいのレベルになると、スムーズに陸上競技の指導に入っていくことが出来ます。いわゆる生活指導というのは、ほとんど必要が無いでしょう。何か気づいた時に、言うことはあると思いますが、改革というほどのことは全く必要なく、基本的な事柄は全て先輩が後輩に教えるシステムが出来上がっています。


 一方で、いわゆる普通の公立高校に赴任したら、先ずは生徒指導から始めないといけません。これは前回のブログ記事、「挨拶がチームほど強い理由」にも書いたのですが、心理的な要因が必ずパフォーマンスに影響を及ぼすので、先ずはプライドを持てる集団作りが必要だということです。


 ただ、別にこれに関しても自分がフューラー(総統)になりたい訳でもなければ、刑務所みたいな学生生活を送らせたい訳でもなくて、さすがに最低限のルールは守らんと、自分たちに誇りは持てないだろうということです。ちなみに、日本でも弊社ほど自由な会社は無いと思いますが、それでも一度だけ髪型のことでティラノに注意したことがあります。


この動画の時ですね↓↓




 何が駄目なのかということを順に解説していくと、先ず皆さんはこの髪型はどう思われますか?これも正直、主観の問題なので明確な答えは出せないです。ただ、この髪型で「ランニングに関する日本一の学びを届ける」という雰囲気が出てるかどうかということです。私は正直、普段の方が爽やかで男前なのに、こういうチャラチャラした雰囲気の髪型はもったいないなと思った訳です。シビアな話、これだけで1%でも2%でも売り上げは落ちるのが現実です。


 このあたり私はちょっと昔気質なのかもしれませんが、金髪とか茶髪に染めるような髪型は個性とは認めないです。何故かというと、誰でも出来るからです。誰でも出来るものは個性ではありません。苦労して、他の人には真似できないものを身に付けて初めて個性です。だからといって、一概に茶髪や金髪が悪い訳ではないです。好きにしたら良いと思います。私が好きで走っているのと同じです。


 ティラノの場合もすでに「誰にも負けないランニングに関する語り」というトーク術を持っていて個性が確立しているので、髪型でマイナス点を稼いでしまうのは、非常にもったいないです。


 学生の場合も大抵の場合は、校則を守れない子はやっぱり自覚の足りない子が多いんです。「自分はエリート集団の一員だ」という自覚を持たせた方が成長は速いので、それに対してマイナス要因になることは取り除いておいた方が良いです。


 人は長期で見れば、潜在意識に入っている自己イメージに近づいていきます。「自分は凄い人間だ」と思ってる人は長期的に見れば、ひとかどの人物に近づいていきますし、「自分なんかやってもどうせダメだ」と思ってる人間は練習効果も10‐30%くらいは減ってしまうでしょう。そもそも、どうせやっても無駄だと思ってるので、なかなか継続できません。


 やっぱり、先ずはこのあたりプライドが持てる集団作り、自覚作りを考えるにあたって、マイナス要因は取り除いておきたいということです。なので、校則を守る、目上の人には最低限の敬語は使う、最低限の挨拶をする、この辺りから先ずは初めて行く必要があると思います。何度も言いますが、「自分たちはエリート集団だ」という雰囲気づくりの第一歩です。確かに心理的な要素なのですが、普段の行動の積み重ねが心理的な要因につながるのは当然です。


 私自身も体を張って多くの経験と勉強をしてきたから今こういう仕事が出来るのであって、いくら情報商材とは言え、今まで本気で人生をかけて走ってきたのでなければこんな仕事出来ません。そうでないと、自信が出ないし、何よりも後ろめたくて出来たもんじゃありません。心理的な要因も日々の行動の影響を間違いなく受けるんです。


 第二にやることは、トレーニングシステム、有効なリカバリー戦略をみっちり叩き込むことです。いくら口で「君たちは凄い」「君たちなら出来る」と言っても、それだけでは効果は半分しかありません。高校生くらいならまだ感情の働きが強いので、それだけでも気持ちが変わって行動も変わることは多々ありますが、理性が発達するに従って、論理の働きが強くなるので、実際に都道府県のトップ6にも入っていない選手たちに「君たちは全国高校駅伝で入賞できる」と言ったところで、バックファイヤーにしかなりません。


 では、どうするか?池上のトレーニングシステム(と言っても元々宇宙にある法則を私が発見してまとめただけです)と有効なリカバリー戦略をみっちり頭に叩き込んで、根本的に変えてしまいます。要するに、かぶらのように見た目は赤くても中身は白いままでは何にもならないので、先ずは中身を赤色に変えてしまおうということです。


 自信をつけるには、狙って結果を出させるしかありません。狙って結果を出させるというのは、意図を明確にしたうえで結果を出させるということです。どんな小さなことでも良いです。意図を明確にして、このレースでこういう結果を出すために、こういう練習を組むといって練習を組んだら、何が何でもその通りに進ませないといけません。ここが、選手と指導者の闘いです。とにかく小さくても良いからこちらの意図を明確にして、その上で狙った通りの結果を出させてあげることが出来ないと選手の気持ちがこちらに向かないし、選手も自信を持てません。


 どんなに小さくても良いから、意図して結果を出させるんです。意図するということは明確なヴィジョンと明確な計画の元に、明確なレースプランを立てて、その通りに走らせるということです。しかも、その全てを選手に理解させたうえで実行させるんです。そうすれば、選手たちは自分たちは今までとは違うということが理解できます。ただただ、口で「お前なら出来る。お前なら全国大会で入賞できる」と言ってるだけではなく、自分はこれまでとは根本的に違う人間だ、都道府県大会でもトップ6にすら入れなかった自分とは違うんだということを徐々に理解していくことになります。これが信念です。


 ただ、それを浸透させるまでには何度も何度も反復させないといけません。反復学習です。それに加えて、練習はもちろん大切です。練習しないと体も変わっていきません。でも、その前に私は意図を明確にすることが重要だと思います。今自分で走っていても思うのですが、明らかに高校時代よりも楽な練習で同じくらいの走力なんです。これはトレーニング理論への理解が深まったからに他なりません。


 特に、高校生はまだ体も出来ていないので、練習の負荷はなるべく少なく済ませたいところです。そう考えると、絶対に理論の部分が先です。ただ、生徒は一人一人違います。大別すれば、全員を頭の方が優れているのか、身体的な素質の方が優れているのかの二つに分かれます。また、体で覚える賢さと頭で覚える賢さとそれぞれ少し違います。ですから、このあたりの一人一人の特性を理解し、走らせる中で覚えさせる部分と反復学習で覚えさせる部分と両方が絶対に必要になります。


 練習に関しても、スピード型、持久型、練習で強いタイプ、試合で強いタイプ、それぞれ分かれるはずです。それらの特性を見極めながら、ある程度練習はカスタマイズする必要があると私は考えています。これもまた難しい問題で、私は選手の心の問題にも介入すべきだと考えています。何度も書きますが、挨拶も出来ない、校則も守れないチームを強くするのは難しいんです。わざわざ遠回りする必要はないので、そこには介入していきます。


 ただ、あくまでも陸上競技は陸上競技、教育の一環ではあるけれど、最終的なゴールは結果を出させてあげることです。だから、私はチームワークという名の下に全員に同じ練習をさせることには反対です。そもそも協調性自体になんの合理性も感じませんし、むしろ教育上良くないと思っています。この話はまた話が歴史とか政治にまでとんでしまうので割愛しますが、少なくとも陸上競技においては合理性は感じられません。


 よく選手を観察して、個々に応じた練習を組んであげることが必要だと思います。そうは言っても、基本は同じなので、全練習の9割は合同練習になります。改めてまとめてみると、最低限の環境を作って、選手にトレーニング理論、リカバリー戦略を反復学習させながら、練習をさせ、その中でよく選手を観察し、選手をよく見極めることが必要です。


 その過程においては、当然選手との話し合いの場が持たれるべきだと私は考えています。見ている側の意見とやっている側の意見や感じを総合して決めるべきです。そうしないと上手くいかないのですが、これに関してもやっぱり基本に戻ってくるんですけど、挨拶も出来ない、敬語も使えない選手とは話したくないです。別に一方的に挨拶してほしい訳ではなくて、私もしますからね。それで挨拶が返ってこないということは、まあそういうことですから、こちらも相手しなくて良いかなと思います。敬語もそうですよね。日本の文化では、目上の人に敬語で話すというのは当然なので、その当然が守られないということは、見下されているということでしょう。


 で、これはすねてるとかではなくて、やっぱりオープンな話し合いの場が持たれないと建設的な話し合いが出来ません。で、これはこれでありだと私は思っています。別に私の指導者としての能力に疑問があるなら、私の話を聞かなくても良いんじゃないかなと思います。もしかしたら、私の能力を超えている生徒がいないとは断定出来ないですから。そこも含めて、個々に応じた接し方が必要だと思います。ちなみに、監督としてそういう子でも能力があるなら、ちゃんとレースでは使います。ただ、駅伝に関してはある程度の指示は出します。例えば1区を走らせるにしても、区間順位を狙わせるのか、トップとの差を30秒以内にしてほしいのか、区間賞を狙わせるのか、2位との差を広げて欲しいのか、そのあたりで戦術が変わってくるので、チーム全体を見て、それに合わせた要望は出します。これは監督として当然です。チーム全体を見るのは監督の責任です。


 で、これも当然ですが、その指示さえ守ってくれないなら、駅伝では使わないです。ただ、私の話しを無視するくらいの能力があるなら、トップとの差を30秒差までにしてきてほしいとか、あるいは4番との差を重視してほしいと注文を出せばその通りに走ってくれるはずです。これも嫌味とかではなくて、やっぱり人間として合う合わないというのと選手として信頼できるかどうかは別ですから、使う以上はこっちも信頼して使うし、出来ない指示も出す気はないです。きちんと自分の力を出し切って、こちらの指示通り走ってくれれば良いです。


 これに関しても、監督の自己満足でもなく、選手の自己満足でもなく、チームの勝利に結びつく形で、指示を出すわけです。チームのことを考えるのは、監督の仕事、自分のことを考えるのは選手の仕事、だから駅伝では選手にきちんと指示を出しておくことは当然です。その代わりといっては、なんですが、選手には「もっとチームのことを考えろ」とか「他の選手のことも考えろ」とか「みんなで強くなれ」とかも言わないです。これも選手時代からずっと思っていたことですが、「チームを強くするのは監督の仕事」です。そんなこと言うなら、俺に監督をやらせろとずっと思っていました。


 選手は自分のことに集中する、その代わり監督は全体を見て個々の選手にチームの勝利に結びつくような指示を出す、その方が良いと思います。責任の所在を明確にしておくべきです。選手は自分の仕事を果たせなかったら、それは選手の責任ですし、選手がこちらの指示通りに走ったのに、狙った結果が得られなかったらそれは監督の責任です。


 その時に、指示は明確にということと、リスクは監督が引き受けるということは大切だと思います。例えば、4番との差を重視してほしいと言った時に前3人の先頭集団と第二集団で大きく差が開く可能性があります。そうすると、先頭と1分差の区間4位ということもあり得る訳です。この時、後出しじゃんけんで「なんで、先頭とこんなに差が開いたんだ!」と叱責したら、それは卑怯だと思います。このケースにおいては、先頭と1分開こうが、1分半開こうが100点の評価をつけてあげるべきです。


 逆に、前半からハイペースで攻めの走りをしてほしいなら、その場合も後半つぶれて帰ってきても、絶対に叱ったらダメだと思います。何事もリスクとリターンはある訳ですから、リターンだけ狙ってリスクは無視という訳にはいかないでしょう。私の選手としての経験から言えば、指導者に対する信頼を最も失くすのはこの後出しじゃんけんなんです。


 選手だって、結果が出なかった時は、責められる覚悟はできていますし、結果が全ての世界であることは重々承知しております。ただ、その中でもやっぱり理解してほしいのは、「こっちだってあなたのことを信じて苦しい練習に耐えてきた。生活のほとんどすべてを陸上競技にかけてきた」ということです。その上で、結果が出なければ全て選手の責任です。それは分かってます。ただ、後出しじゃんけんをされると、「もう二度とこの人のいうこと聞かなくて良いかな」って思うんです。どうせ、結果は全て自分の責任なんだから、あとは自分の思い通りにやってみようとこう思ってしまいます。


 こう思われたら、もう指導はできないし、チームも強くできないです。洛南高校陸上競技部とかは別ですよ。もしかしたら、放っておいても良いのかもしれません(それでもそうはいかないと思いますが)。それ以外のチームに関しては先ず無理です。もともと弱いのを改革していく訳ですから、こちらの話を聞いてもらえなくなったら元の木阿弥です。またすぐに弱くなるでしょう。


 私も自分の人生を振り返ってみて、小学生の頃はクラスで一番も中々なれませんでした。僅か人口10万人8中学校しかない亀岡市内でもトップを獲るなんて夢のまた夢でした。そこから、わずか3年で洛南高校陸上競技部に入ったら全国高校駅伝に出場するのは最低ラインになりました。負ける訳がないし、負けたら恥だと思っていました。なにせ、京都府高校駅伝で区間賞を獲るよりもメンバーの7人に入る方が10倍は熾烈な闘いでしたから。


 そうなったのは、指導者とか先輩方のお陰です。自分一人の力では無理だったと思います。そのくらい、高校生とか大学生というのは指導者で変わります。その第一歩が先ずは「この人はちょっと違うぞ」と思わせることです。第二に選手に自信を付けさせることです。この二つの条件をクリアするには、意図を明確にして、意図通りの結果を出させることです。そうやって、「自分は今までの自分とは違う。何故なら入学前にはなかったトレーニングに対する知識、リカバリー戦略に対する知識、そしてそれを実践して得られた経験があるから」と本気で思わせることです。それから、選手にも最低限のルールは守ってもらう代わりに(何度も書きますが、私はかなりリベラルな方です)、私も後出しじゃんけんはしないということが最低条件です。


 それに加えて、体罰はもちろんのこと、怒らないということも意識したいと思います。というのも、15歳から18歳の子供からすれば、普通に私が接していたとしても畏怖の気持ちは出ると思うんです。「あっこの人にはちょっとかなわんな」と思うはずです。少なくとも、陸上競技に対する知識、経験、情熱の総合ではまず負けないでしょう。そうなると、こちらが真剣になればなるほど、ただでさえ怖いし、一緒にいると疲れるはずですから、その上に更に怒ってしまうと委縮してしまいます。


 よほどのことがない限り怒るということはないでしょう。ただ、これも高校生ならではですが、自分の行動の帰結が分からない子供もいます。例えば、一度違法薬物に手を出したら、自分の人生がどうなるかとかは分からない子には分かりません。こういった非常事態には、必要に応じて本気で怒るでしょう。


 そういう意味では、時代は私に追い風です。体罰やパワハラが使えない時代になったら、いかに理詰めで選手を説得しきるかです。中途半端な気持ちではできません。正しいことは正しいと説得しきって、行動させるまでやらないと結果は出ません。そして、私はこれが可能であることを知っています。何故なら、オンラインでしか指導していないウェルビーイングオンラインスクールやランナーズユニバーシティの受講生様が食生活から睡眠習慣まで変えていかれるのを見ているからです。


 大人が相手なら当然、怒鳴ったり、殴ったりするわけにはいきません。しかしながら、怒鳴っても言うことを聞かせられない指導者が沢山いる中で、私の受講生様達は練習だけではなく、食生活から睡眠習慣まで変えていきます。それは何故か?そうした方が良いことをよく理解されているからです。


 怒鳴ったり、叩いたりしてもその時はいいかもしれませんが、指導者の陰では必ず、元に戻ります。これも選手時代の経験から言えることです。これまで何人の選手を見てきたか分かりません。指導者のいないところでは、必ず元に戻ります。それは何故か?何故それをした方が良いのか理解していないからです。もう一つの理由は指導者がそれを実践していないからです。指導者自身が口で言っているだけで、自分はそれが良いとは思っていないので、自分はやりません。自分が信じていないことを人に言っても説得力が出ません。だから、選手にいうこと聞かせられません。


 指導は綺麗ごとではできません。選手に自分の言うことを聞かせて、いかに信念を植え付けさせられるかです。勝つか負けるかの闘いです。「勝つか負けるかの闘い」まで言ってしまうと、大人はドン引きなので、もうちょっとマイルドにして、大人向けにアレンジしたのがウェルビーイングオンラインスクールやランナーズユニバーシティです。それでも、充分すぎるほど効果は出る訳ですから、相手が高校生でも劇薬並みの効果を発揮するでしょう。


 とは言え、これではあまりにも一方的なので、最後に体罰やパワハラ指導者の擁護もしておきましょう。私の母校洛南高校は昔は当時高校という名前で関西三大悪校の一つでした。冬になったら、生徒がグランドで机や椅子を燃やして暖を取る様な学校です。今でこそ、体罰というと先生が生徒に一方的にするものですが、昔は生徒も先生に暴力をふるっていた時代です。


 そんな状況を打破するには、やっぱり体罰も必要だったのではないでしょうか。大人も戦争していますが、銃を持つ相手に話し合いだけで問題を解決というのもなかなか難しいでしょう。ガンジーみたいな先生なら非暴力不服従でいうこと聞かせられるかもしれませんが、そんな聖人に期待していたら学校教育は成り立ちません。


 駅伝界で体罰、パワハラ指導者と言えば、豊川工業高校から日体大に行かれた渡邊先生ですが、渡邊先生も本当に殺伐とした雰囲気の学校に赴任して、県駅伝でも20番とかのレベルを全国高校駅伝常連校に変えられた方です。他に同じこと出来る人日本に何人いるんだという話なので、全否定するのもどうかと思います。


 あとは体罰を受けた一人の生徒としても書かせて頂きますと、やっぱり殴られた方も感情に任せて殴られてるのか、そこに愛があるのかそれは分かります。同じように体罰を受けてても、愛を感じていた生徒は卒業してから、殴られたことは笑い話として話せるし、良い思い出になるんです。一方で、感情に任せて殴られた生徒は、卒業して何年たっても「あいつは許せない」と語るものです。


 ただ、これも外部からは判断できないですからね。やっぱり一律体罰は禁止というのがベストでしょう。


まだランナーズユニバーシティに入校されていない方へ

 ランナーズユニバーシティは真剣に長距離走、マラソンについて学びたい、もっと走るのが速くなりたいという方の為のオンライン大学です。下記はランナーズユニバーシティに入校するメリットのほんの一部は以下の通りです。


・長距離走、マラソンに関するここでしか学べない日本一の学びが得られる

・長距離走、マラソンが劇的に速くなる

・長距離走、マラソンがもっと楽しくなる、好きになる

・最高の体調が手に入る

・自分の可能性、パフォーマンスを最大限に発揮できるマインドセットが手に入る


詳細は下記のURLより6分間の動画でご確認ください。


追伸

 ランナーズユニバーシティは現在先着100名様限定価格でお届けしています。昔からメルマガ登録してくださっている方はこれが「セールストーク」ではないことをご理解頂けると思います。またあなたにノーリスクでお申込みいただくために30日間全額返金保証をつけています。少しでも興味のある方は今すぐ下記のURLをクリックして、詳細をご確認ください。


閲覧数:187回0件のコメント

Comments


筆者紹介

​ウェルビーイング株式会社代表取締役

池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

bottom of page