top of page

消えた天才平井健太郎との対談「トレーニングにおける戦略とは?」

更新日:2022年9月10日

最強国立大ランナーの対談が実現!


平井健太郎(京都大学 全日本個人選手権5000m2位(14分00秒、インカレ10000m2位(28分36秒)、全日本学生ハーフマラソン13位(62分30秒)と池上秀志(京都教育大学 関西インカレ10000m、ハーフマラソン二冠、谷川真理ハーフマラソン優勝(63分09秒)、犬山ハーフマラソン3位64分4秒、上尾ハーフマラソン優勝(63分24秒)の対談が実現!


長距離走トレーニングにおける戦略とは?


 こちらの動画は3時間の対談動画のほんの一部です。全編は下記のURLよりご覧ください。インカレが終了する明日まで半額です。



こちらのブログは下記のスポンサー様の提供でお届けしています。


小西光治様


 現在クラウドファンディングにて、スポンサー様大募集しています。お名前掲載権以外にもブログのテーマ設定権やズームコンサルなど、様々なお得なリターンを設定していますので、是非下記のURLよりご確認ください。


閲覧数:469回0件のコメント

Comments


筆者紹介

​ウェルビーイング株式会社代表取締役

池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

bottom of page