top of page

知らなきゃ損、TVで駅伝、マラソンを見るときは選手のここを注目しよう

更新日:2020年12月21日

こんにちは。今回はランラボチャンネルからお届けします。

 

よく人の走りを見るのも勉強と言いますが、私もその意見に賛成です。今回はランラボチャンネル支配人のティラノが私の走りの動画を元に選手のどこに注目すれば良いかをとてもわかりやすく解説してくれています。


あえて、私が補足するとですが、動画内の私の足の軌跡に注目してください。ほとんど足が上がらずに非常に歩きに近い体の使い方をしています。動画内のペースは3:40-3:30くらいなので、マラソンで言えば2時間半前後の走りです。マラソン2時間半と言えば、エリート市民ランナーの域に入ってくるタイムなので、速く感じられるかもしれませんが、冷静に考えて見るとペース自体は遅いです。100m21秒のペースをいかに楽に走ることができるかがテーマとなってくるので、見た目でスピード感のあるかっこいい走りよりも、のんびり楽そうに走ることが一つのポイントとなります。


まだまだマラソンランナーとしては二流に属する私ですが、落ち率の低さは一流です。ぜひ楽に速く走るテクニックもティラノ氏の解説で掴んでみてください。


現在メルマガ登録者にPDF20枚分の小冊子『長距離走・マラソンが速くなるためのたった3つのポイント』を無料でプレゼントしています。今すぐ下記のURLからメルマガ登録をしてプレゼントをお受け取りください。


閲覧数:116回0件のコメント

Comentários


筆者紹介

​ウェルビーイング株式会社代表取締役

池上秀志

経歴

中学 京都府亀岡市立亀岡中学校

都道府県対抗男子駅伝6区区間賞 自己ベスト3km 8分51秒

 

高校 洛南高校

京都府駅伝3年連続区間賞 チームも優勝

全国高校駅伝3年連続出場 19位 11位 18位

 

大学 京都教育大学

京都インカレ10000m優勝

関西インカレ10000m優勝 ハーフマラソン優勝

西日本インカレ 5000m 2位 10000m 2位

京都選手権 10000m優勝

近畿選手権 10000m優勝

谷川真理ハーフマラソン優勝

グアムハーフマラソン優勝

上尾ハーフマラソン一般の部優勝

 

大学卒業後

実業団4社からの誘いを断り、ドイツ人コーチDieter Hogenの下でトレーニングを続ける。所属は1990年にCoach Hogen、イギリス人マネージャーのキム・マクドナルドらで立ち上げたKimbia Athletics。

 

大阪ロードレース優勝

ハイテクハーフマラソン二連覇

ももクロマニアハーフマラソン2位

グアムマラソン優勝

大阪マラソン2位

 

自己ベスト

ハーフマラソン 63分09秒

30km 1時間31分53秒

マラソン 2時間13分41秒

bottom of page